年金の種類

医師障害年金の受給には、国民年金に加入している期間に、障害の原因となった病気やケガについて初めて医師や歯科医師の診療を受けた日(初診日)があること(日本年金機構ホームページから抜粋)とあります。さらに、一定以上の障害の状態であることの他に、初診日において65歳未満かつ初診日のある月の前々月までに年金加入期間の3分の2以上の保険料の納付があることと、初診日である月の前々月までの一年間に保険料の未納がないことが受給要件となります。国民年金に加入している期間とありますが、厚生年金や共済年金に加入している方々はどうなるのでしょうか。実は厚生年金加入者と共済年金加入者は各年金機構を通じて国民年金にも加入しているため、障害基礎年金に加え、障害厚生年金または障害共済年金を合わせて受給できるのです

障害基礎年金は、障害の程度によって1級と2級に分かれており、支給額に違いがあります。2級の障害の金額は年額779,300円、1級の障害は2級の額を1.25倍します。さらに扶養しているお子様の人数によって加算が行われ、第1子・第2子に関しては224,300円の加算、第3子以降は一人につき74,800円の加算と、子育て世代の方にはそれだけ厚く支給されようになっています。